藤高和輝『ジュディス・バトラー──生と哲学を賭けた闘い』
other
5eabe73c51576229d680bf38

藤高和輝『ジュディス・バトラー──生と哲学を賭けた闘い』

¥3,850 税込

送料についてはこちら

藤高和輝 装幀:近藤みどり 2018年3月15日発売 四六判 上製カバー装 352頁 定価:本体3,500円+税 ISBN 978-4-7531-0345-4 「哲学」の外部へと放擲された他者の存在。この個別的かつ社会的で政治的な「生」の問題をいかに、「哲学」の内部へと「翻訳」するのか。前世紀以上に「暴力」が横行する世界において、「非暴力の思想」を構想することはいかにして可能なのか。  フェミニズム理論やゲイ&レズビアン・スタディーズ、社会学、人類学、精神分析など多様な学問分野を横断してきた、ジュディス・バトラーの難解とされるテクストを、本書は「生」と「哲学」の問題を軸に「共に取り乱しながら思考すること」への呼びかけとして、精緻に読み解いていく。 目次 序 論 生と哲学を賭けた闘い 第Ⅰ部 哲学 第Ⅱ部 『ジェンダー・トラブル』へ 第Ⅲ部 パフォーマティヴィティ 第Ⅳ部 社会存在論とエチカ 結論に代えて 共にとり乱しながら思考すること 著者 藤高 和輝 (ふじたか かずき) 1986年大阪府生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。現在、大阪大学等非常勤講師。 共著書:『子どもと教育の未来を考えるII』(北樹出版)。 論文:「アイデンティティを引き受ける バトラーとクィア/アイデンティティ・ポリティクス」(『臨床哲学』16号)、「排除・弁証法的反転・増殖 ジュディス・バトラーにおける法の生産的メカニズムと抵抗戦略」(『論叢クィア』6号)、「実存とトラブル サルトルの読者としてのバトラー」(『社会思想史学会年報』40号)など。​