アラン・バディウ、ピエール・ブルデューほか『人民とはなにか?』
other
5eac095f55fa0323fc3e2a0e

アラン・バディウ、ピエール・ブルデューほか『人民とはなにか?』

¥2,640 税込

送料についてはこちら

アラン・バディウ、ピエール・ブルデュー、ジュディス・バトラー、ジョルジュ・ディディ=ユベルマン、サドリ・キアリ、ジャック・ランシエール(市川崇 訳) 装幀:難波園子 2015年4月24日発売 四六判 上製カバー装 216頁 定価:本体2,400円+税 ISBN 978-4-7531-0325-6 「国民」という集合体の内部で「人民」として自らを構成する者たち――。非正規雇用労働者、低所得者、人種・文化的差別に苦しむ移民たち……。本書(原書)の企画途中にフランスで起きた「シャルリー・エブド」事件、そして後の「愛国」による主体回復への反動は、国家の彼方へ「人民」を構築していこうとする動きへの大きな試練となった。新自由主義的グローバリズムに抗する革新的主体としての「人民」概念の再興は可能か? 世界的に著名な6名の思想家による論集。 目次 序 「人民」という語の使用に関する24の覚書き(アラン・バディウ) 「大衆的(人民の)」と言ったのですか?(ピエール・ブルデュー) われわれ人民――集会の自由についての考察(ジュディス・バトラー) 可感的にする(ジョルジュ・ディディ=ユベルマン) 人民と第三の人民(サドリ・キアリ) 不在のポピュリズム(ジャック・ランシエール) 解題 市川崇 著者 アラン・バディウ(Alain Badiou) 1937年生まれ。現代フランスを代表する哲学者、作家。国立高等師範学校フランス現代哲学国際研究センター所長。著書に『コミュニズムの仮説』(水声社)など。 ピエール・ブルデュー(Pierre Bourdieu) 1930―2002年。社会学者。アルジェ大学、社会科学高等研究院を経てコレージュ・ド・フランス教授。著書に『ディスタンクシオン』(藤原書店)など。 ジュディス・バトラー(Judith Buttler) 1956年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校。修辞学・比較文学教授。哲学専攻。主な著書に『ジェンダー・トラブル』(青土社)、『生のあやうさ』(以文社)など。 ジョルジュ・ディディ=ユベルマン (Georges Didi-Huberman) 1953年生まれ。美術史家、哲学者。国立社会科学研究院准教授。著書に『残存するイメージ』(人文書院)など。 サドリ・キアリ(Sadri Khiari) 1958年生まれ。政治学博士。共和国原住民運動(MIR)の創設者。 ジャック・ランシエール(Jacques Rancière) 1940年生まれ。哲学者。パリ第8大学名誉教授。著書に『民主主義の憎悪』(インスクリプト)など。 訳者 市川 崇(いちかわ たかし) 1962年大阪生まれ。1997年パリ第7大学博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。 著書に、L’opération fictive et la conception du sujet chez Goerges Bataille (博士論文)のほか、『ユートピアの文学世界』(2008年)『フランス文学をひらく』(2010年、ともに共著、慶應義塾大学出版会)など。 訳書に、アラン・バディウ+ニコラ・トリュオング『愛の世紀』(2012年)、アラン・バディウ『コミュニズムの仮説』(2013年、共に水声社)がある。