other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

トーマス・セドラチェク+デヴィッド・グレーバー『改革か革命か──人間・経済・システムをめぐる対話』

¥2,420 税込

送料についてはこちら

トーマス・セドラチェク+デヴィッド・グレーバー(三崎和志、新井田智幸 訳) 装幀:近藤みどり 2020年11月27日発売 四六判 上製カバー装 216頁 定価:本体2,200円+税 ISBN 978-4-7531-0360-7 異端の経済学者vs『負債論』の人類学者 NHK「欲望の資本主義」シリーズに出演、日本でも話題となった異端の経済学者トーマス・セドラチェク。世界的ベストセラー『負債論』『ブルシット・ジョブ』の著者で、人類学者にしてアクティヴィストのデヴィッド・グレーバー。異色の組み合わせによる、リーマンショックをはじめとした金融危機と負債の問題、ネオリベラリズムと共謀する官僚制、そして資本主義の今後など、「人間」と「システム」をめぐる、白熱の徹底討論。 目次 プロローグ 第1章 体制の変革か 体制の打倒か 第2章 壁の前の市場 壁の後ろの市場 第3章 システム危機ーー身体と魂との分離 第4章 汝は負債なれば、負債に還るべきなり 第5章 システムの(不)自然さについて 第6章 オキュパイーー前への一歩か、脇への一歩か? 第7章 カオスとホモ・エコノミクス 訳者解説